スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボシカメレオン…閲覧…要注意

最初に
9/30に
「9/21に産卵卵終えたエボシカメレオン」が落ちました。
11ヶ月ほどの生涯となってしまいました。
種によっては産卵は命がけという事になるという事ですか…

カメレオンの産卵数や回数(1回の交尾から2クラッチ3クラッチ有る個体もあるし)多い…
自然界では成長出来る個体がそれだけ少ないということになると思います。


少し?グロい表現や写真が含まれますのでご注意ください。




状況など…(前記事と重複もあるかもしれません)

9/30 朝、様子を見ると
エボシのメスが昨日寝かせたティッシュの上で落ちてしまっていました。
動かずそのまま落ちたようです。
写真(クリック注意昨日の記事で書いていませんでしたが
夕方に見ると先日の注射したカルシウム分?は排泄されていました。
総合排泄食腔から白いものが出ていました。
他にエサは食べていませんが、ウンチのようなものも落ちていました。
後ろ足は麻痺した感じで動かせなくなっていました。
ルディスカメレオンのベビーのカルシウム不足の時と似た症状でした。

手に取り、苦しんで無いか様子を見、
少し苦しんだ感はありましたがそれほどの表情ではないのを確認しました。

産卵の労を思い辛くなりました。

実は
産卵後に調子崩していたので1週間以上色々考えていました。

それは

なにか有ればお腹の卵は助けられないか?
等、悪い事もよい事も色々考えていました。

そして
本日色々考えていた事の内の
お腹のタマゴを助けることを実行しました。

かわいそうかと思いましたが・・・
頑張ってタマゴを産もうと自分のカルシウム分をタマゴに使ってしまった
エボシかあさんの事を思うとタマゴを取り出す方が喜んでもらえる・・・

自分勝手かも知れませんか・・・取り出してみることにしました。

いつ落ちたか不明なので、すぐに準備
カッターナイフの刃、小さいハサミ、新聞紙、水をくんだタッパー、ティッシュ

お腹のタマゴを助けると自分をはげまし・・・
エボシかあさんにはゴメンなさいと思いながら・・・
切開開始しました。タマゴを傷付けないように慎重に・・・
カッターの刃で中心を切開し、その部分からハサミでゆっくり開腹しました。
爬虫類は余り出血しないものなのか?
大きい血管をたまたまはずしていたのか?
このあたりは分かりません。
開腹後写真(クリック注意
タマゴの状態は
ほぼ出来上がっているように見えましたので慎重に丁寧に取り出しました。
卵管?の膜に包まれていますのでそれも切開し、取り出しました。
タマゴは28個ありました。ほぼ完成形のタマゴのようでした。
正直少し小さめ?とは思いました。
そんなに次のタマゴ?作ってしまえば自分の栄養無くなるよ・・・
産卵前2週間ほど ほとんど食べれて無いのに…
1週間前に関しては水分補給だけだったのに…

その後、産卵したものとは違うので
水で血等を洗い落とし
バーミキュライト:水1:1の管理容器に並べました。
IMGP0562_R.jpg
【ココはメモです…管理容器130g
中のバーミキュライト295gに水315g(1:1のつもりで少しミス)
タマゴ並べ終わった重量1000g】
タマゴの表面がボコボコした未完成?なものも有りました(洗ったときの感覚では1つのみ)

何個かでもタマゴ生きていれば良いのですが…

検証

IMGP0517_R.jpg
写真は産卵前の写真です。
ボコボコしております。
この頃はたくさん産むのか?早く産まないと大変だ 
とか思っていた時期です。

私が思っている落ちた原因ですが
『産卵した卵とは別に次の卵(2クラッチ目予定の卵)が出来てしまっていたこと』
かと思います。
獣医さんにレントゲン撮っていただいた時に薄く卵が写っていましたが
写りが薄いとの事でしたから次の卵ということになると思います。
初回の産卵が遅れたのもあるのかも知れません。
そのせいで次の卵にカルシウムを取られ過ぎ、自分のカルシウムを使用しすぎたのも
あると思っています。
カルシウムをエサに添付していたのですが…
正直エサをまともに食べれていないのは半月以上ですから、
次のタマゴが早すぎ、栄養不足となってしまったのが最大の原因の気がしています。

もう1つ原因かと思う事
産卵し切れず残ってしまった可能性もゼロで無いかと思いました。
それは…
産卵後状態の悪さと
切開したところほぼ出来上がったタマゴがあった事です。
少し前述で触れましたが
2クラッチ目のタマゴの発生が早すぎた為?かも知れませんが…
今となっては分かりません。
生きていれば2クラッチ目が
スゴイ早いとかで判明したでしょうが・・・

正直、本日は朝から気合い入れないとやりきれなかったです。
ブログもいつもの数倍時間かかって書きました。
お恥ずかしながら書きながら泣けてきましたので…
時間かかりました。

結果出てから分かる事・・・多いです・・・

助けられなかったか??自問自答しまくりです・・・
結果からいえばあの時こうしてればは分かります。

『産卵後すぐに次のタマゴ?(産み残しタマゴ?)に気付いて
更に
獣医さんにそのタマゴをすぐに取り出してもらえば助かった』と思います。
その後産卵出来る体かどうかは分かりません。

落ちる数日前に獣医さん所へ診てもらいに行ってます。
もちろん治療しました。
結果的に助けれませんでしたから獣医さんでも分からなかったということ…

再度書きます
後からならいくらでもどうすれば良かったかをいえます。
獣医さんがよい結果出せなかった事を対応できる飼育者はいないと思いますが
勉強してもしてもよい結果出ないもどかしさはあります。
判断は…難しいです。
『よい判断』できるよう努力していきたいと思います。

ここでも言わせてもらいます。
色々とたくさんの方々に相談に乗っていただきました。
結果は前述したとおりですが、
たいへんありがたく思っております。
ご助言たくさんしていただきありがとうございました。
大変心強く思っていました。
気持ちの表現の下手な自分できちんとお伝えできていないと思います。

またご相談させていただく事が出るかも知れませんがよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お悔やみ申し上げます
自分が溺愛していたカメレオンの切開も傷心しながら行われたのだと思います
自分もかつて無精卵にてエボシ♀を落とした事があります、凄く自分の無知さに腹立たしさを覚えました
卵、ハッチすると良いですね

No title

けぃぃちさん
カメレオンは思い入れ過ぎると落ちた時悲しくなるので
ウチでは名前付けて無いのですよ。
けど…今回のエボシはうちに2番目に来た種類で、
家族が勝手に名前付けてたので
しょうがないな~って感じで私もその名前で呼んでたもので…
悲しいですね~
私がコオロギの世話等していた時、エボシは良くいつも同じ場所にいて
私を見ていました。
昨日夕方のお世話の時 ふといつものところを見てしまい
泣きそうでした。女々しいですね~

No title

辛い別れになってしまいましたね。きっと切開するのも勇気がいったことだろうと
思いますが最後まで育てた卵、なんとか生きて少しでも産まれてきてくれるといいですね。
飼育してる中でここぞという時の判断というのは本当に難しいです。
後からはいくらでもこうすればああすればというのは出てくると思いますが、やはりその時に
最良と思って選んだ判断ですから例えそれが報われることがなかったとしても、
それでよかったんだと思うようにしています。

エボシちゃんの冥福と子供が生まれてきてくれる事をお祈りします。

No title

エボシ♀ちゃんは残念でしたね、、(合掌)
こんな状態はひろさんでなくても正直どうすることもできないと思います。
エボシちゃんまかせとしかいいようがありません、、
本人ですらこんなに卵を持つ事になるとは思ってもみないことだったでしょうし、、
ここからはあくまで僕の先入観で書きますが、、
(先ず、僕は色んな獣医さんにいって思うことは頭から信用していないとゆうこと。)
なのでこのエボシちゃんの状態を見る限り、先ず輸液(点滴)が先だったんじゃないかと
、、メールでも書きましたがカルシウムを注射しても即効性がない、、先ず細胞そのものに栄養をぶち込む方が体力を取り返す方法だったのでは?と思います。
骨粗鬆症とかいわれたらまるでひろさんの飼育がダメでなってるようなふうに感じましたので、、(だって、画像見てる限りではかなり健康ないい♀と思われましたので)卵を作る時にカルシウムが足りずに体のカルシウムが持っていかれるのはリクガメでもよく聞きますし、それは抱卵とかにその個体がなってみないとわからないことですから、、
なのでこれはあくまで事故的現象ですので、、悔しいですが仕方のないこと、、と思います。後は残されたお卵が無事に孵ってくれることを願うばかりです♪
ひろさん、がんばっていきましょう!

No title

乙さん
ありがとうございます。
判断はやはり後悔することが多いですね。
正解は少ない(選ぶのが難しい意味です)のかもしれません。
犬猫などは診れる動物病院たくさんありますし、
セカンドオピニオン可能かと思いますが
爬虫類診れる獣医さんは少ないですから…
更に言うと 良い獣医さんかどうかなんてわかりません。
何度か診てもらってわかる事可と思います。
獣医さん批判にならない程度で書くの止めます(笑)
批判するほど診ていただいてないと思いますし。

No title

kajikajiさん
事故的現象あたりのお話…ありがとうございます。
事故的な事な感じはしていましたが
そのせいばかりにしてしまうのもアレなので自分を責めてます。
反省もしなければ進めませんから…

色々思ってる事は正直あります。 
世間は狭いのでこの辺で(笑)

あ… 結局は最期を迎えたんですね。エボシを亡くす悲しみ、悔しさ、無力感… 今はそれらで頭がいっぱいでしょう。大変悔やまれる気持ちはよくわかります。しかし、ひろさんは最善を尽くしたんだと思います。ひろさんにできることは全て尽くした… が、エボシは亡くなった。人の力ではどうしようもないことは沢山あります。あまり、自分を責めすぎないでください。私は獣医の勉強をしていてわかることですが、大学では爬虫類の知識を全く教えてくれません。獣医さんも、言わば医療処置ができる飼育者に過ぎません。犬猫と比べると、ほぼ独学と経験によるものなのです。今、獣医の爬虫類の勉強会などが活発に行われていて、私も所属しています。もしよろしければ、今回の件を勉強会の症例検討に出させていただけませんか? 爬虫類医学の発展に繋がることになると思います。

No title

れぜるさん
お返事遅くなりました。
自分でも意外だったのですが
エボシカメレオン落ちて結構落ち込んでましたので
コメント頂いて考えるところがあり時間かかりました。
こちらも条件というか1点だけお願いがあります。

勉強会の症例検討に使用していただいて構いませんが
『症例検討した情報を教えてください』

もっと詳細が必要であれば必要なことをお伝えします。
その場合長文なる可能性大なので
メールアドレスを
メールのフォームに記載の上メールいただく か
ツイッターのダイレクトメッセージで教えていただけ無いでしょうか?

フリーエリア

カウンター
プロフィール

ひろ1711

Author:ひろ1711
カメレオンにはまったけんバナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter...
最新トラックバック
月別アーカイブ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
カメレオンにほんブログ村
FCブログランキング
ペットブログランキング
ペットブログランキング
検索フォーム
ブログ村
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。